スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都市に寄与だ??
商品化住宅みたいな案を目にすることがあるけど、あったけど、
現在進行形での商品化は住宅の消費財化じゃないのかな。
ちょっと前まで夢はマイホーム時代があったわけだけど、
もはやマンション暮らしが夢になりきっている。
ただそのマンションに一生住まおうっていう価値観も消失しつつあって、
今の家族状況だったり、需要に従って家を選ぶというのが完全な住宅の商品化。
家は一生もの時代から家は必要に応じて選択する時代へ。
となってくると一昔前に流行ったライフスタイルに合わせて間取りが変更出来ます的な
スケルトンインフィルなんていう計画はおかしい。
建築はカタチとして住まい方をそれなりに規定するわけだから、
それをわざわざ大掛かりに変更しなくとも、住まい手が需要に応じて別の商品を選ぶ。
今風に考えるとすごくフツウの感覚なんじゃないかな。
となると今の商品を供給する側に問題がある。
これまでのように基本平面を床面積に当てはめる方法で、
それなりにどんな状況にも対応出来る建築を供給し続ける限り、
消費者は需要に応じて住宅を選ぼうにも、
ピンポイントでマッチする住宅が無いわけだから、
結局その場所の治安だったり利便性で選んでしまう。
それでも別に不自由まではいかないから、平和な生活を皆送っているわけですが。
ただ言いたい。
すごく規定の強い集合住宅を作っていこうよ。
そして分譲じゃなくて長中期賃貸で売り出していこう。
都市に人は山ほどいるんだからピンポイントで住みたい人は絶対にいるって。
もっと建築を信じようよ。




スポンサーサイト
プロフィール

arasaki

Author:arasaki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。