スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わりのキセツ
DSC_0028_convert_20110207220530.jpg

なんだかんだ最後の後片付けは淋しい。

IMGP0238_convert_20110206150359.jpg

落書きがしたい。


ALJAZEERA
IMGP1501_convert_20110202112435.jpg

母子ともに健康であればよい

ケータイのカメラを使ってみた
IMG_0064_convert_20110126224551.jpg
文系の図書館ではじめて大学というものの知の集積を目の当たりにした。
最大限の敬意をはらった。

2010
2010年の締めくくりも雪ですね。
今年もお疲れさまでした。

あのころは良かった話ばっかり耳にする
NBAが好きだった。
本格的に見出したのは1998-1999年のシリーズから。
98年まで3連覇したブルズ王朝がフィルジャクソンの退任、ジョーダン2度目の引退とともに崩壊し、
ドラフトにもカーター、ピアース、ウイリアムス、ノヴィツキー、ビビーなどが名を連ね、
これからすげえことになるぞという予感を感じながらのめり込んでいった。
そのなかでも僕はニックスが好きだった。
看板選手はユーイングだったと思うんだけど、それを支えるヒューストンとスプリーウェル、
あと控えだったけどキャンビーのいるこのチームが好きだった。
なかでも8位シードからファイナルに出場したときの勢いはすごかった。
スパーズとの決勝だったんだけど、
ツインタワーのいる相手に対し、ユーイングを怪我で欠くニックスは、
高さを捨て、まさかNBAでこんなシーンを見るかというようなオールコートプレスをかけまくった。
ジェフ・ヴァン・ガンディー、マジかよと思った。
なんか歴史的名シーンを目にしてしまった感に震えた。
結局このシリーズは4勝1敗でスパーズが優勝したんだけど、
このときのニックスのイメージは忘れられない。
結果からいうと、ここから2002-2003年シーズンまでの間、僕はNBAが好きだった。
月刊の雑誌数冊、深夜のBS放送を一度も見逃してないと言っても言い過ぎではない。
2003-2004年シリーズからはNBA好きぶった。
ぶったというと語弊があるけど、BS放送が見れなくなったこともあって、
試合内容や選手の入れ替えに徐々についていけなくなった。
それでも蓄積と断片的な情報でなんとか会話についていくぐらいのことはできた。
2010-2011年シリーズになり、はっきり言って分からなくなった。
もはや好きなんて言えなくなっていた。

おっさんが過去の経験でいつまでも話しちゃうのは、今についていっていないから。
勿論経験で得られた見識がダメだというわけではないけれど、
少なくともついていけてないということに自覚的にならなきゃならん。
そこで口を閉ざすか追いつこうと努めるか選択肢は分かれるけれども。


エントロピー
本を読む3倍の本を読まない時間が必要。
そうじゃないと話のネタにすらならん。
正確にはネタにできても何も残らん。
バリバリ読んでバリバリネタに消化できる人が羨ましい。
本当にそう思っている。

stock
頃合いを見て出す
小出しにするわけではなく
出し惜しむわけでもなく
頃合いを見て出す
いろんな頃があるもんね

歪み
ショーウインドウに映る街行く人
夜の電車内の窓に映る電車内
カーブミラーに映る曲がった先のようす
水面に映る木々
サングラスに映る魚眼で見られた僕

空間そうとうぐっちゃぐちゃだよね

プロフィール

arasaki

Author:arasaki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。